FXのハードルは確かに下がったけど…

最近ではFXをはじめるハードルが下がっており、主婦や学生などの初心者の数が多くなっています。確かに審査も受けやすく、取引に参加するハードルが下がったと言えます。
最近はアルバイトでためた資金を元手にFXをはじめてみるという声も聞きます。
スマートフォンの普及もあっていつでもどこでも取引できるのも魅力ですよね。FXの市場は24時間開いているので副業としての魅力もあるのも特徴です。


FX初心者は取引を甘く見てしまいがち?

とはいえFXは取引には違いありません。初心者はレバレッジなどを利用して少ない元手で取引に参加してしまいがちですが。レバレッジ25倍といえば確かに大きな資金を手にするチャンスは訪れますが、それだけ損してしまう可能性もあるということです。
取引で利益をあげる人がいるということはそれだけ損をしている人もいるということですから、かいしゃの甘い宣伝文句に踊らされないようにしたいですね。


はじめは少額のトレードを

デモトレードでコツをつかんで、もう大丈夫だと思ったら、いよいよ本番に臨みましょう。最初は利益を狙うのではなく、練習のつもりで、少額の取引をしましょう。もう自分は大丈夫だ、そう思ってもどこかに必ず落とし穴はあります。

FX初心者はまず取引する通過を選ぼう

FX初心者が会社を選んだら、その次は取引する通過を選びます。
取引にはその通貨に関する情報が必要ですから、自分があまり知らない通貨の取引は危ないかもしれませんね。
通貨ペアの間には金利の差、スワップというものもありますからスワップでの利益を狙った取引がしたいなら金利差が大きい通過を選んだほうがいいですし、普通に為替差益を狙うならそれに適した通貨があります。FXにおける取引通過を選ぶというのは会社選びと同じくらい大切なことなのです。


FX初心者はまず米ドルから

やはり為替といえば米ドル。取引している人数も圧倒的に多いですし、出回る通貨に関する情報の数も一番多いです。
国際的な取引に利用される割合が一番多いのも米ドル。初心者はまずはここから慣れていくのがいいかでしょう。
ユーロも知名度や世界的な認知度が広く広まっているので初心者におすすめです。
比べて英ポンドは値動きが少なく予想が難しいですが、金利差が大きく為替差益は高く狙えます。しかし予想の難しさから玄人向きと言われています。


会社によって扱う通貨ペアは違う

たとえば外為どっとコムならば9つの通貨ペアを扱っています。他にも会社は多くあります。扱っている通貨ペアの数もその会社によってさまざまです。